詐欺や悪質な案件の種類

プロダクトローンチ

※このように、札束をチラつかせた怪しい企画が目立つのがローンチ業界です。

あなたは、「毎日1万円をあげます」「月収100万円稼げるカンタン無料モニター急募」「スマホたった1つで年収1億円」といった感じの怪しい文言の無料案件のURLがメールで送られてきたことはありませんか?

これは、別名、「プロダクトロンチ」、「ローンチ」と呼ばれたりもします。

無料オファーと呼ばれる手法で、LP(ランディングページ)からメールアドレスを登録させ、4~5話ほどの動画を組み込んだ動画サイトを流していきます。

その過程の中で、視聴者から興味と信頼を獲得し、30万円ほどの高額な塾やクラブを販売していく流れが一般的です。

手法自体は、人間心理を理解した上で仕掛ける高等で素晴らしいものですが、非常に下品で、嘘にまみれた悪質なものが多いのが残念です。

仮想通貨を題材としたプロダクトローンチばかりになっている状態なので、30万円ほどの高額塾を買っただけでは済まない場合も多いです。

塾の購入だけではなく、その後も「投資」して失敗してしまう可能性があり、本当に慎重に見ていかなければいけません。

今一番注意していただきたいと思ったため、最初に注意喚起の意味で書かせていただきました。

 

HYIP

あなたは、「日利1%」、「日利3%」といった高配当をうたっている案件を見たことはありませんか?

HYIP(ハイプ)は、「High Yield Investment Program」の略です。

「高収益投資プログラム」のことです。

表面上、FXや株、ブックメーカー、カジノなどを収益源として、収益を上げているように見せていますが、その実態は、ただの自転車操業です。

実際には何も運用をしていない場合が大半です。

MLM(マルチレベルマーケティング)や広告を駆使して集客をたくさん行い、ある程度お金が集まった時点で、運営が突然飛びます。

本当に、ただただ運営が儲かるためだけに仕組まれているものがHYIP(ハイプ)だと思っていただいて大丈夫です。

体験したことがある方は引っかからないかもしれませんが、今までに一度もHYIPを体験したことがない方は、十分にご注意ください。

 

ICO割れ

あなたは、買ったICOが、上場したら逆に下がってしまったことはありませんか?

上場した際に、ICOで買った価格より下がってしまうことを「ICO割れ」と言います。

非常に注目されていたICOでさえ、ICO割れしてしまうことがあるので、注意が必要です。

ICOは、上手くやれば稼ぐことができますが、常にリスクが存在することを十分頭に置きながら、慎重に案件選びをしていきましょう。

 

ワンクリック詐欺

あなたは、「ご入会ありがとうございました」と、突然サイトに出て、びっくりしたことはありませんか?

アダルトサイトや出会い系サイト、メールなどのURLをクリックすると、「ご入会ありがとうございました」と、一方的に契約したことにされ、料金を請求されるといったケースをワンクリック詐欺と言います。

昔からある悪質な手法で、古典的なので、あなたは引っかからないかもしれませんが、念のため注意喚起として書かせていただきました。

 

粗悪なブランド品

あなたは、偽物のブランド品を掴んでしまったことはありますか?

昔からですが、ネットオークションなどで、偽物や粗悪なブランド品を掴まされるケースがあります。

例えば、よくあるのは、鞄、財布、靴、高級腕時計。

最近は、コンタクトレンズ、家庭用品などもあります。

海外の組織が仕掛けている場合、被害額を取り戻すことが非常に難しいので、十分ご注意ください。

 

Twitterの悪質フォロワー

あなたは、Twitterをしていますか?

Twitter(ツイッター)で、自動ツールを使うなどして、無作為にフォローをしまくったり、フォロー・アンフォローを自動で繰り返したり、スパムを連投したり・・・など。

そういった邪魔なアカウントがたまに存在します。

無作為にフォローをしているからと言って、それが完全に悪質とも言えないかもしれません。

ですが、エスカレートすると粗悪な情報商材を売りつけてきたり、何らかの「危害」を加えてくる可能性もあるため、警戒することは大切です。

アカウントを匿名で作るのはもちろんのこと、速い段階でブロックしてしまうのも手です。

 

Facebookアカウント乗っ取り

Facebookのなりすましアカウントを発見したことはありますか?

悪質な業者は、友人になりすましたアカウントから友達申請をしてきます。

そして、Facebookアカウントが乗っ取られてしまう、といったケースがあります。

流れとしては、こうです。

・3つ以上の「なりすましアカウント」からの友達リクエストを承認する。

・あなたがFacebookに登録しているメールアドレスを知られてしまう。

この2つの条件が揃ってしまうと、「セキュリティコード」を使って、登録しているメールアドレスとパスワードが変更されてしまいます。

そして、アカウントが乗っ取られてしまいます。

対策としては、安易に友達リクエストの承認をしないことが大切です。

また、別のケースとしては、他のサイトやサービスから、メールアドレスとパスワードがセットで流出してしまう場合もあります。

対策としては、パスワードは、なるべく長く、複雑なものに設定し、気を付けることが大切です。

 

バイナリーオプション

バイナリーオプションは、数分から数時間後のレートが上がるか下がるかを当てる投資です。

当たれば、プラスになり、外れれば、マイナスになります。

ただ、投資自体で稼ぐ稼げないよりも、根本的な問題として、海外業者で出金をできなくなるケースが多いです。

出金申請をしても全く反応しなくなってしまったり、入れた額が反映されず「もう一度入金してください」といったことまであります。

悪質な業者がたくさんあります。

表面上は、海外の業者ですが、日本人の詐欺師が仕掛けている業者も多いそうです。

海外の業者なのに、ホームページが日本語しか存在しないケースもあり、明らかに日本人をターゲットにした詐欺業者だと分かる場合もあります。

また、電話番号の記載が無かったり、メールの返事も全くない業者もあります。

検索してみて、私書箱が住所になっているケースは、詐欺業者だと考えていいでしょう。

「バイナリーオプションでたくさん稼げた」とうたっているアフィリエイトブログも乱立していますが、嘘が多いので、そこも注意が必要です。

口コミはもちろんのこと、実績画像の捏造なども日常茶飯事に行われています。

結論としては、海外業者を利用してのバイナリーオプションは、基本やらないほうがいいと個人的には思います。

もしバイナリーオプションをやるなら、手数料が多少高くても、国内の業者を利用して行うほうが、最悪のリスク(出金できない等)はなるべく減らすことができます。

今は、大きな時流に乗って、仮想通貨に投資をしていたほうが断然稼げる可能性が高いです。(これもずっと続くわけではないと思いますが。)

 

FX自動売買システム

FXの自動売買システムを使用したことはありますか?

バックテストやフォワードテストの結果が優秀でも、実際に稼働してみると赤字を叩き出していく自動売買ソフトやミラートレード(コピートレード)は、たくさんあります。

バックテストで最適化されている場合でも、実際のスリッページやスプレッド幅は、異なってくるため、大してあてになりません。

ただ、フォワードテストでも、デモ口座を使用しているケースもあります。

リアル口座ではないため、参考になりません。

一気に死ぬ瞬間を迎える可能性があるナンピンやマーチンゲール手法の自動売買システムにもご注意ください。

これは、相場が予想通りの方向にいけば、そのまま決済しますが、逆方向にいった場合は、一定間隔でロットをプラスし続け、反転した際にドカッと利益を狙う手法です。

ただ、バックテストのグラフが綺麗な右上がりになっている自動売買システムは、破綻する時は一気に破綻する可能性があります。

なぜなら、ロットをプラスし続けた時に、ずっと反転せずに、マイナスの方向へ突き進んでいった時に、一気に資金がショートし、破綻してしまうからです。

なので、個人的には、ナンピンやマーチンを使用していない自動売買システムのほうが良いと思います。(絶対に悪いもの、というわけではありません。あくまで個人的な意見です。)

ただ、国内海外問わず、自動売買システム販売業者は、自分たちの利益しか考えていないケースが非常に多いので、注意が必要です。

 

フィッシングサイト

フィッシング詐欺というのは、送信者を詐称したメールを送り、偽物のメールから偽物のホームページにアクセスさせて、情報を抜く行為のことです。

抜かれる情報としては、クレジットカード番号やアカウント情報(ID、パスワードなどのログイン情報)であることが多いです。

そういう大事な情報を抜き取る詐欺を、「フィッシング」と言います。

英語では、「phishing」と書きます。

これは、「魚釣り」の「fishing」と、「洗練」の「sophisticated」を合体させた造語です。

見た目が本物となかなか区別が付かないケースも多く、手口が巧妙化してきているので、本当に注意が必要です。

仮想通貨業界で言えば、Myetherwallet(マイイーサウォレット)のフィッシングサイトもあります。

正しいURLであるかをきちんと確認し、その上でアクセスすることが大切です。

また、メール内の文言や送信者メールアドレスをきちんと確認したり、細かいところまで見ていく必要があります。

クレジットカード会社や大手銀行からのお知らせをうたったフィッシング詐欺が多いです。

先ほど書いたMyetherwallet(マイイーサウォレット)を含め、仮想通貨業界でもフィッシング詐欺は多いので、正しいURLをブックマークして安全なアクセスを心がけるなどして、本当に注意したほうがいいです。

 

偽セキュリティソフト

「このパソコンは、ウィルスに感染しています。」「このパソコンは、危険な状態です。」といった文言を見たことはありませんか?

バナーやポップアップ表示の警告画面で、そういうふうにして危険を示し、興味・関心を引き、全然効果の期待できない詐欺的なセキュリティソフトをインストールさせる悪質業者がいます。

まず無料でインストールさせた後、有料版のインストールを促し、そこで抜き取ったクレジットカード情報を裏で他の業者と売買することにより収益を得ているわけです。

中には、パソコン自体が使えなくなるほどのダメージを与えてくる場合もあります。

なので、基本的に、変な広告・怪しい広告は絶対にクリックしない、近寄らないと常に気を付けておくことが大切です。

パソコンが復活できないようになってしまうと、色々と面倒ですし、お金もかかってしまいます。

割と昔から存在する詐欺手法で古典的だと思うかもしれませんが、ある程度知識がある人でも不注意でひっかかってしまうケースもあるので、本当に注意しましょう。

 

詐欺ファンド

投資した額をそっくりそのまま失ってしまうリスクがあります。

一気に持ち逃げされて、100万円、1000万円と、失う可能性があるため、ファンド案件は、やるとしても、本当に慎重に見極める必要があります。

仮想通貨の場合、大きな利回りも現実的に可能なことが多いですが、基本それ以外は、大きすぎる利回りを打ち出している場合は注意したほうがいいです。

また、元本保証をしているものも注意してください。

あと、未公開株も、怪しいものには手を出さないほうがいいです。

買っても誰も見向きもしない場合、売れ抜けられなくなります。

 

高額コンサル

例えば、50万円以上の起業コンサルなどです。

提供内容が伴っていない、高額なコンサルに注意しましょう。

サポート体制が疎かだったり、言われた通りにやっても結果が出なかったりするケースがあります。

さらに、売り上げの中からパーセンテージを決めて、コンサルタントに渡す契約を持ちかけられることもあります。

自分が得られる利益が極端に減ってしまう場合もあり、安易に受け入れないようにすることが大切です。

書籍や安価な教材(情報商材など)で事足りることも多いので、「コンサルでないと、どうしても行動できない」という場合以外は、基本、書籍や安価な教材、独学で済ませる形でいいと思います。

 

悪質な融資スキーム

・手数料を先に支払いそのまま逃げられるケース。

・信用を得るために携帯電話の契約を迫られるケース。

・キャッシュカードと身分証を送るよう言われるケース。

色々なケースがあります。

仮に詐欺でなくても、融資を受ける際は、常に慎重に考えましょう。

 

高額バックエンドセミナー

安価なセミナーの終わりに、高くて粗悪な商品を販売してくるセミナーがあります。

値段が高くても中身が良ければ問題ありませんが、セミナーの中で信用を得たのをいいことに、高額なバックエンド商品を販売してくるケースもあるので、気を付けましょう。

10万円、30万円、50万円と、高額な商品を勢いで買ってしまわないように、常に冷静さを保つことが大切です。

 

攻略ツール

緻密に作られているようなものでも、一気に破綻するようなツールがあります。

ロト6、カジノ、パチスロ、ポーカー、ブラックジャックなど、大概が勝ち続けることはできません。

「これは良さそう」というものでも、少し使い続けていると、いきなり負けたりしてがっかりするパターンが多いです。

また、ツールが完璧な場合でも、機械的に行う強いマインドが必要になるため、継続して勝ち続けることの難易度は高いです。

 

交際斡旋詐欺

迷惑メールや雑誌で、女性と交際できる内容を載せ、申し込んだ人に、会員登録料や保証金などの名目でお金を請求する詐欺です。

FacebookなどのSNSや出会い系サイトを通じて、女性になりすまして振り込みを要求したり、高額なポイントを騙し取るケースもあります。

異性からのアプローチに対しても、冷静になり、厳しい目を持つことが大切です。

 

悪質なアフィリエイトセンター

アフィリエイトセンター(AC)、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)など、アフィリエイト商品の紹介コードを発行してくれるサイトについてです。

アフィリエイトをかなり頑張っても、悪質なレベルで「未承認」ばかりで、承認されず、報酬が全然振り込まれないケースがあります。

例えば、100万円分の利益が得られるはずが、1割の10万円しか承認されなければ、利益が10分の1になってしまいます。

非常にもったいないです。

また、アフィリエイト案件で、極端にアフィリエイト報酬が少なく設定されていて、運営が儲けるためだけに作られたような仕組みもあります。

そういった案件は、ボーナスプランだけが表面上魅力的に見えるように作られているので、

アフィリエイトをする時は、どのアフィリエイトセンターを使うのかを事前にしっかり吟味しましょう。

 

追伸

ここに書いた以外にも、悪質な案件や詐欺は、色々あります。

大切なお金を失わないように、細心の注意を払い、十分気を付けてください。

「詐欺です」と断定はしないかもしれませんが、LINE@のほうに「これ大丈夫ですか?」とご質問・ご相談いただければ、最悪のケースは免れる場合もあるかもしれません。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉がありますので、大切なお金を失ってしまう前に、もし本気で興味を持ったものや、買いそうになってしまっているものがあったりした場合は、お気軽にご相談ください。

例えば、知らないままだったら100万円、1000万円の損失を被るところを、知っておくだけで、事前に防げることもあるかもしれません。

確約はできませんが、あくまで「可能性」の話を、個人的な観点からお話しできるかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ご質問・ご相談は、お気軽にこちらのLINE@へください。

※ID検索の場合は、「@znh5407l」です。

QRコードはこちらです。

また、あなたの大切な資金を失わないことが前提として大切なので、まずは、下記の「詐欺や悪質な案件の種類」の記事をご覧いただくことをお勧めします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です